ホーム > 新着情報
新着情報
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 |   検索

2019/11/27 第39回緑の都市賞「国土交通大臣」を受賞しました。
2019/09/13 令和元年9月ボランティア活動(2)
2019/09/13 令和元年9月ボランティア活動(1)
2019/07/12 令和元年7月ボランティア活動(2)
2019/07/12 令和元年7月ボランティア活動(1)

2019/11/27

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)と公益財団法人吉野山保勝会(理事長:福井良盟)は、第39回緑の都市賞(主催:公益財団法人都市緑化機構、後援:国土交通省、総務省、環境省など)において「国土交通大臣賞(緑の市民共働部門)」を受賞しました。今回の受賞は、大和ハウス工業株式会社と当会が取り組む「吉野山の桜保全活動」が、評価されたものです。
 「吉野山の桜保全活動」は、奈良県吉野山の桜を次代に継承するための桜保全活動です。近年、吉野山の「シロヤマザクラ」が環境変化等を原因に「ウメノキゴケ」に覆われ、若い樹が立ち枯れるといった被害が深刻化しています。そのため、吉野山のある吉野町が創業者のゆかりの地である大和ハウス工業と吉野町、当会が一体となって、2008年に活動を開始しました。これまでに、吉野山で桜育成園を開設するとともに、「シロヤマザクラ」を種から約5年をかけて苗木まで1本1本育てる苗木育成事業、硬化した土壌を改善する整備活動などを行っています。
※詳しくは大和ハウス工業株式会社オフィシャルサイトhttps://www.daiwahouse.co.jp/ニュースリリースをご覧ください。


2019/09/13

令和元年9月13日(金)

作業の様子。


2019/09/13

令和元年9月13日(金)
 大和ハウス工業株式会社様による「吉野山の桜を保護する活動」が開催され23名の方がボランティアとしてご参加くださいました。
あいにくの雨模様の中、高田先生のご指導のもと猛暑で痛んだ土壌環境を、炭や木材チップ、腐葉土や枯枝等を使っての改善作業を行いました。
天候を見ながら雨脚が強くなるまで昼食の時間を押して頑張りましたが昼過ぎにやむなく終了しました。
昼食はいつもお世話になっている「花夢花夢」で取らせて頂き、ボランティアの方々と吉野山保勝会のメンバーが交流を深める場とすることが出来ました。
今回は、参加者の約半数が始めて参加の社員さんだそうで、雨の中熱心に作業に取り組んでくださいました、これに懲りずにまたご参加をお待ちしております。
最後に吉野山保勝会の福井理事長のお話と、龍見部長のごあいさつのあと解散となりました。雨天の中大変ご苦労様でした。


2019/07/12

「現在育てている桜苗が冬を越せるように」と、苗床の保温のために使わせていただきます。


2019/07/12

令和元年7月12日(金)大和ハウス工業株式会社様による「吉野山の桜を保護する活動」が開催され22名の皆様がボランティアとしてとして、また吉野山保勝会役員19名とともに作業を行いました。
今回の作業は、下草刈りと干し草つくりです。作業現場の花山地区に移動してから、吉野山保勝会の車田専務理事のあいさつのあと、桜守より草刈から干し草の作り方の説明をしてから作業に取り掛かりました、本年は長雨の影響か幸か不幸かカヤの生長が悪く、炎天下の中で手ごろなカヤを探しつつ、刈り取った草を集めてしっかりと紐で縛って干し場で干すところまでしていただきました。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 |
管理 |

- news -